2007年11月01日

その十六(奮闘記最終回)

ふ。まだだ、まだ終わらぬヨ。

最終回と相成りました奮闘記! 今回は豪華にSSペタペタの超ロングだよすぺしゃる版でお送りいたします! 正式サービス終了の日から考えていたこと、思ってきたこと、そんな色々なことをぶつけますので、どうぞ終わりまでお付き合いくださいませね!

まずは報告と最終結果。
桜琳(メイン魔)LV141 0.26% SシューLV100
聖傭兵vide LV145
魔傭兵demmos LV68
弓傭兵(なんだっけ・・) LV82

桜娘々(サブ弓)LV103 34.XX% シューLV81(片割れLV45)
聖傭兵nyannyan LV110
魔傭兵Scats LV110

以下、いとしきサブキャラたち。
伯袁(聖) 伯犀(戦士) 桜雨(弓) 紅吾妻(魔)
伯猿(聖) 桜豆(弓) 桜鈴琳(弓) 伯紫淵(聖) 櫻餅(魔)


本文を読みたい(壮絶に長いです)
posted by さくらもち at 23:24| Comment(3) | 日記

2007年09月25日

その十五

祝! 欲望の塔初攻略

…いいじゃん、別に。祝わせてくれヨ。
ファイナルイベントとして、平日毎夜に開く塔に挑むこと数回目。ようやっと、13階到達できましたぁ〜♪(パフパフドンドン

最初の頃にイベントとしてでた時には、鍵を取れずに一階で追ん出されたのを懐かしく思い出します。あれから数年、復活の塔に渋々入ったにも か か わ ら ず!!
さっくりPK
ちょぉ待てや、コラ。タワー開始前に、攻撃しさくるたぁどういう了見じゃ! ハラを立てて入ったものの、また鍵を取れずに追い出された。もう二度とやるか〜とプンスカ怒っていたのに、秘儀同時中継プレイの実現にて、ダンチョ夫妻+αと共に再挑戦。
結果。
PKされて全滅。まーたーかー!!
ちなみにこの後も、性懲りもなく数回挑戦してみましたが、PKor鍵取れずに敗北。最高記録は4階という悲惨な有様でした。
続きを読む
posted by さくらもち at 04:35| Comment(2) | 日記

2007年08月28日

オフ会お疲れ様でした!!

力尽きたので、

今日はこの辺で退散…

みなさま、本当にお疲れ様でした〜♪


続きができました
posted by さくらもち at 01:33| Comment(5) | 日記

2007年06月21日

その十四(裏)

遠き昔を思い出す毎日更新。廃寸前だね、桜さん!!
・・・・仕事はちゃんとしてますよ? お金なくなるから(笑
LV125くらいからニブルガルに居座っているせいで、ニブの記憶しかなかったみたいで。130までの軌跡を少々追加補てんいたします奮闘記その十四(裏)です。
過去を思い出し、以前の口調ではじまりはじまり〜♪

続きを読む(当然、長い)
posted by さくらもち at 10:08| Comment(0) | 日記

2007年06月19日

その十四

流れに流れたへっぽこ実話14回目は!!
2時間に6回も逝ったカワイソウなオンナノコの話から始めましょう・・。LV130こえたのに、あいかーらずですよ桜琳さん!
※うち2回はサブ弓です・・。

魔法師てのは打たれ弱いです。なので8次装備の途中から赤振り赤振り。つまり、レベルアップポイントをHPに追加してたんですね〜。おかげさまで、ちょっとした数値になってました。POTもいい感じに増えてた。なくなるの早いけど!
Sクエも終わったので、熱に取りつかれたかのように9次作成へ突進したならば。ならんでもいいのに、130なった辺りで全部そろってしまいました(笑。杖は借りてたので、揃ったというのはちと違うかな。まあ、いい。ムリヤリ着たから。
続きを読む(今回も長いゼ)
posted by さくらもち at 16:28| Comment(3) | 日記

2007年03月30日

その十三

ついにレベルも120到達。念願のフェロウを覚え、PTが楽しくなってまいりました桜琳であります。フェロウってのは、同じフィールド内の仲間を招集する魔法です。118で習得可能なのだけど、120で2へとランクアップ。ちょとだけ使い勝手が良くなります。
嬉しさのあまりに、適当な団員を捕まえて、ほいほいと飛ばしてみたり。…そんな事やらなくたって、必然的にフェロウ使う事になるんですね。補給から戻った仲間を召喚、ボス狩りに召喚、グリ芋PTで招集召喚。セデンタルと組み合わせて使うと、目的地に向かうだけでMPがゴッソリもってかれます。
気づけば、スッカラカンという憂き目も…。そんなの自分だけですか、そーですか。でも別にいいんだ、役に立てるから。

とりあえず当面の目標を果たしてしまったワケですが、まだ自分にはやりたい事が残ってました。それは10万ロアためること! ホントはレベル100になった時点で貯めておくらしーのですが、締切ってのは踏み倒す為にあるんですッ(あいや、その…冗談です・滝汗
始まりの地エゴニルからヘトレルへと旅立ち、そこからプシニルとシバブを往復する日々。毎日INできないので、なかなか思うようにレベルが上がりません。それこそ休日とかにまとめて時間を(奪い)取って、集中的にやった方が効率的。
そのおかげさまで、120になったのですけどねー。
芝痛いよ! プシ痛いよ!! じわじわと傭兵がレベルを追い上げてくる中、目立った変化もないへっぽこ魔法師。今はなき(死んでないけど)先輩(不良)魔法師の教えを胸に、節約と効率を唱えながら、スキル交互撃ち。そこら辺をちょこまか走り回る傭兵殿にトドメさされた時には、いささかながらに殺意が芽生えました。一桁違うくせに、トドメさしおった…!
オーバーキルという判定がありまして、モンスターにトドメをさした際の余剰ダメージを特分加算して、取得金がちょっと増えるというシステムです。たとえば瀕死の芋虫5体を普通に焼いてしまうのと、ストリップブラストとう高位魔法で吹っ飛ばすのとでは、後者の方がお金も経験もいっぱいはいる。
まあ、どれだけ違うかなんてわかりませんけれど。真の強者は弱者を倒すにも全力で向かうといいます。なあんて、そんな事やってたらたちまち金欠ですよ。
つまり、気にしてるだけなんだけどね(笑。
そんなこんなで、ロア貯まりました! 以下、スペシャルクエスト体験記(でもへっぽこ…。
スペシャルクエスト1−3&4
posted by さくらもち at 01:42| Comment(0) | 日記

2007年02月21日

その十二(鬱憤編)

なんと、へっぽこ魔法師桜琳はLV113になりました。もうすぐストリップブラスト2が覚えられます! とはいえ、MP消費がスゴイので多用は無用。最近などは、BOTにやられる前にやれと言わんばかりに使ってます。おかげさまで、ランク下げても補給がままならんという有様。経営者側の対策とBOT侵攻の攻防はいつまで続くんでしょうか。
チートだの、何だのって、弓キャラの印象が下がる一方なんだけども。それがちっとばかし哀しくもあり、切なくもあり。更に、ノートPCが再インストールし直してもサーバー接続できなくなりまして、プレイ時間ががっくんと下がりました。
いいことないねー、最近は。

浮気ばかりしてる所為か、なかなか育ちません。レベル上げに集中しようとするとコワイ所へ招待されるのでやっぱり育ちません。
しかし・・。
桜琳は、桜琳は借金をしてしまいました!! ロバストっていうパッシブスキルを覚える為に、多額の借金を〜うわああぁん。確かにやられにくくなったけども、レベル上げは「義務」だって言った過去の自分を殴りたいです。それだけ頼りにされる(予定)ってコトも分かってるだけどもッ。
色々してもらっている恩返しは、レベル上げて強くなることだ〜って、新入りのみんなに言ってる張本人がレベル上げ嫌がってるなんて・・・・ッ。
だって、弓キャラの傭兵を強くしたいんだもの。二人目は強いとウワサの魔傭兵です。聖傭兵は盾にするために、攻撃力が乏しいのでね。まあ、両方もってくってのは無理なんだけども。
これが一回分だけで、ステータスがあっさりとメイン魔を抜きました。がくーん・・。シューを外していれば、放置狩りできます。こりゃ、強いわ。装備さえしっかりしていれば、鬼に金棒ですね〜。とはいえ、どこにでも行けるって訳じゃないですよ。やっぱりプレイヤーキャラはプレイヤーキャラですから、主人がやられては意味ナッシングです。
まだどこにも行ってないけどさ。
まだ続く・・
posted by さくらもち at 13:39| Comment(2) | 日記

2006年10月25日

その十一

奮闘記に入る前に、お知らせ〜。
突然ですが、一週間ほど潜伏します。ネットに現れないワケでなく、ぜんぜん顔を出せなくなるワケでもありませんが。
理由は二件。自サイトの更新と合同企画の為です。今月いっぱいでこちらに集中しますので、遊んでいられない・・。うぅ、辛い・・。あっちもこっちも、ってやれるほど器用ではありませんし、どっちかを重点に置くときには、他のがおそろかになってしまいます。そりゃ仕方ないことなんですよね。

言い訳とお知らせはここまでにして。
祝!! LV100突破ッ。わー、ぱちぱち・・。・・・・さみしい・・。
本文を読む
posted by さくらもち at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月19日

その十

なんだか、自分の中では「イモ狩り=秋」という構図ができてしまったらしいです。イモ狩り行くぞ、というよりは「秋だぞ」というのが楽だし。
いや、全員に通じるわけじゃあないんですがね。通訳してくれる方がいるので、これもまったくの無問題。ん〜、なかなかに馴染んできたみたいじゃないですか。ははは、照れるぜ。
イモはイモでも芋虫ですから、どんどん食っても太りません。この間の番組では、昆虫が栄養満点の食事だと伝えてましたね。おサスガです。タイムリーです。テレビの前で、何度も頷くアホがおりました・・。

そろそろLV100に手が届きそうです。目標ロアには程遠いですが、クエストも増えたから、ヨシとする! って、LV90以上の条件で報酬20ロアって何事じゃあああっ。更に、ダークオルゴックの皮三枚?
BOTであふれかえるクラーブ1階に向かえと・・。行きましたけどね。ええ、行ってきましたとも。部屋の全てが2体ずつ、弓BOTがバターになる勢いで駆けずり回ってました。
なので、細い路地でチマチマ・・・・、細々と5体ずつのイモ焼き。レベル差もあって、すぐに集まりましたけども。アレはどうにかならないものですかね。減るどころか増えてるし、どんどん強くなってるし。
うざ・・。鬱陶しい。面倒。
続きを読む
posted by さくらもち at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月11日

その九

にぎやかなのはいいことだ。あれだけ一度に、複数の色々な発言が混ざったのはそうないんじゃないかと思う。まあ、ほとんどが特定の人物に対する発言であったのだけど。

今日も今日とてイモ狩りに出撃。筆頭が70クエ支援中なので、レベル上げしたいメンバーでグリータヒースへ向かったのです。大体の場合は黙々と狩るか、ぽつぽつと喋るかに別れるのですがね。
この日は違った。
もうスクロールが早い早い。一気に興味が集中して、次々と発言が出る。それも団員全員に届く同盟チャットではなく、PTメンバーのみの発言なのだから驚きですよ。まあ、当然のように、すぐ息切れしてしまいました。同盟チャット会話も混じって、そりゃもうゴチャゴチャでしたねー。あれはすごかった。
続きを読む
posted by さくらもち at 17:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月10日

その八

魔法師・桜琳は作戦「体力温存せよ」を覚えた! ちゃらら〜♪
ようやくお金が貯まるようになってきました。といっても、ちょっとずつなんだけど。短気起こさずに、ちまちまと強敵狩ってます。LV90くらいまでだと、ランデル4階とセルバブがいいのかな。グリータヒースはPT組まないと痛いので、ソロで行くなら前者ですね。
わさわさ集まってこない所を狙って、ちまちまと攻撃してます。範囲攻撃してると逃げられないんだけど、複数敵へ狙い撃ちできる攻撃は、逃げる余裕ができるから良い。先日ぐちっていたCTの長さも、走っていればいくらか軽減できるみたいですね。といっても、CTが短くなるわけではありませんが。
感覚的に、なんとなくね。

おかげさまで、MPアプソーパーが使える。これがあると、MPの補給がぐぐっと変わります。その間に当たるとスゴク痛いんだけどさ・・。弱点属性がどうのと言ってる余裕はまだないので、ひたすら同じ攻撃を繰り返す。繰り返す。繰り返・・・・やっとられるかー!(ちゃぶ台返し
続きを読む
posted by さくらもち at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月09日

過去記事について

ただリンク繋げようとして、どこをどう間違えたのか。
過去総集編なる別ページを作ってしまいました。

かなり間が空いていますので、何月頃とか明記してません。たまにチャットなどでぼやいてる有料時代の日記は含めておりません。その七からは、このブログで読めるようになっています。

えーと、見づらかったら言ってください。復帰前と復帰後では、内容の書き方すらガラリと変わってます。気分と状況でまた変わるかもしれません。
というか、おんなじこと何度も言ってるみたいなんだけど。健忘症か、健忘症なのか自分。
posted by さくらもち at 14:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月08日

その七

こういうゲームは、喜びを共有できるから楽しいんですね。特に一緒に狩りに出かけているときは、その気持ちを強く感じます。
狩り楽しいよ、狩りたのしいよ〜!!

付け加えるなら、イベントも楽しいです。これはRPGでいう本編シナリオになるのですが、知れば知るほど世界が広がります。テレビゲームは基本的に完成された世界を提供する訳ですが、ネットゲームはどんどん広がっていく。バグや失敗を修正しやすいため、それに甘える傾向もチラッと見えたりもしますが。挑戦と冒険は悪いことだけじゃないですね。
もう一つは、以前よりも快適で過ごしやすい。高いPC性能を要求してくるのは変わりませんが、プレイする人々の雰囲気がイイカンジです。そりゃもう、数え切れない人が接続する世界の一面しか見ていない自分が、あーだこーだと言える立場でもないんですが。
楽しいと感じる一番大きな理由は、気兼ねなく話せてしまう仲間ができたことでしょうか。こう書くとまたからかわれそうだけど、思わず参加したくなるほど会話が楽しいです。とはいえ、自分は狩りの方が好きなので、あまり延々と喋るのは時間がもったいなく感じてしまう・・。
狩りながら喋ると、モンスターにくわれるんだけどさ。油断大敵。一瞬にして稼いだ資金が消滅。うぬ、デジタルめ。復活費用を少々マケてくれませんかぁ〜(滝涙。

続きを読む
posted by さくらもち at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

その六

※以前のプレイ日記は後程編集します。


ついにLV80超えました。装備も借り物ながら、強力なモノが装備できることに! ピカピカの杖ぶん回して、狩りに出かけるのが日課となっています。
装備を強化できるのは、もはやステータスアップの常套手段となってきています。このゲームでは、ある一定レベルまで強化すると、装備が光る! とはいえ、発光する訳でもない。なんだかピカピカになります。レベルの高い方々は、ピカピカの装備を身に付けておられます。いや、ホンマにかっこええ。特に聖騎士。
グラフィックの美しさを強調していただけあって、相変わらずキレイです。その分、グラボなどの負荷がえらいことになってるんですが。うちのノートじゃ、もうついていけねぇ。ここだけの話、A3プレイする為だけに買ったんですよね。もう一年以上前になるかね・・。ネタバレ日記の古い所を読み返しますと、今以上に浮かれていたのが分かります。
だからといって、いそいそとサイトへ旅立たないように。某日記は別館に移動しています。そして、問題の記事は過去分のどこかに潜んでいたりして・・。あの頃は若かったんだよ、ウン。
続きを読む
posted by さくらもち at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記